ダダ50 mg

Dadha50mgは、タイプ5の新しいホスホジエステラーゼ阻害剤であり、直接機能不全(ED)になる可能性がある。 米国、EU、カナダでの使用はまだ承認されていません。 あなたは問題なしで電子商取引の店でDadha50 mgを買うことができます。 直接の機能障害や高血圧になる可能性のあるプロセスを研究する。 Dadha 50 mgは、cGMPを、cGMP変性の原因となる定義されたホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)を禁じる。 インストールは、性的興奮の過程にあった人のメンバーに関するものです。
この応答は、神経細胞の末端からの一酸化窒素の放出によって設定される。 循環型GMPは、平滑筋の緩和を引き起こし、海綿体の血液溝が増加する。 タイプ5のホスホジエステラーゼの禁止は、cGMPの量を増やし、設置を強化する。 長い据え付け(4時間以上)および勃起(痛みを伴う据え付けは6時間以上続く)の臨床試験の不足にもかかわらず、そのような現象はこの種類の薬物について決定される。 設置の場合、患者は医療出席を直接探す必要があります。 時機を得た祝福の処理がなければ、不可逆的な被害につながる可能性があります。 Dadhaの臨床データがない場合、患者での50mgの使用は71年以上であり、このカテゴリーは薬物を服用している患者には推奨されません。 Dadha 50 mgは、他の機能不全と併用することはお勧めしません。
ダダ50mgは強力なホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)阻害剤です。 Dadha 50mgは0.8〜1.3時間で最大血漿濃度に達し、固有用量の研究で半減期7.3〜12.1時間の出展者が減少した。 時間の集中および最大血漿濃度(Cmax)の曲線下の面積は、独特の用量の研究における用量の増加に伴って過剰に増加する。 Dadhaの反復分布中、50mg、5日間で定常状態に達し、蓄積は7日以内に分布後に起こった。 左心室(大動脈狭窄)からの血液の流出の障壁を有する患者は、PDE阻害剤を含む血管拡張作用に対してより敏感であり得る。