エロトン50

男と女の性的関係は、家族の耐久性を保証する根幹です。 それを覚えておく必要があります。 言い換えれば、彼女の欲望が目覚めた女性のセクシュアリティが示されました。 同時に、非常に頻繁に違った口実の下での機能不全の男性は、親密な親密関係を避けるために、親密な親密さを拒否します。 それは家族の生活の中で不協和音を起こす。
薬剤師の役割 - 男性だけでなく、評議会の薬局で扱う女性にも注意の焦点に、現代の薬のおかげで国内の準備。 男性が過度に心配し、待望のロマンチックな会議を壊すことを恐れている場合、それは安全にすることができます。 調製エロトン50mgは、失敗を待つ症候群の予防に使用することができる。 それは、人間が複合体の代わりに関係の裏地にもっと注意を向けることができるということです。
製剤の初期投与量は、100mgの有効性を考慮して50mgにするか、または25mgに減らす。 1日の最大投与量は100mgであり、最大推奨頻度は1回/日である。 線量の補正は必要ありません。 患者のためのアプリケーションは、腎臓の機能の違反です。 容易かつ中等度の腎炎不全(クレアチニン道路クリアランス - 30 - 80μú/分)の場合、最も同じ製剤を分配するモード。 重度の腎不全(クレアチニン道路クリアランス<30 ml /分)の場合、製剤の最初の用量である道路クリアランスシルデナフィル(Silddenafil)の低下により、25 mgが得られる。 アンダーロードクリアランスシルデナフィルのため、製剤の初期用量は25mgとなる。
同時に、シルデナフィルの初期用量であるP450シトクロム(エリスロマイシン)のアイソザイム3/4の阻害剤は50mgを生じる。 リトナビルとの同時受診の場合、最大1回のシルデナフィルの投与は48時間以内に50mgを超えてはいけません。以下の場合には注意が必要です:陰茎の解剖学的変形を有する患者貧血の発達、発達