カマフィル50

カマフィル50は、勃起の違反を治療するための経口製剤です。 勃起障害を修復し、性的興奮に対する自然な反応を提供します。 性的刺激の場合の体の陰茎の勃起の生理学的メカニズム。 窒素の酸化は、血液のレベルの上昇をもたらす酵素を活性化する。
カマフィル50は、体内での崩壊をもたらす循環型特異型5型(FDE)の強力で選択的な阻害剤である。 シルデナフィルは、断熱された身体に対して直接的な弱化作用を及ぼさないが、身体の布地における酸化物の効果を強化する。 DNAの活性化の場合、性的興奮の場合に観察されるGMF酸化物は、シルデナフィルの影響下でのFDE5の抑圧により、体内のTsGMFのレベルが上昇する。 したがって、適切な性的刺激は、Kamafil 50の好ましい薬理学的効果の達成に必要である。性的刺激の生理学のメカニズム。 窒素酸化物は酵素を活性化させ、レベルの上昇、平滑筋肉の単純化、および要素内で増幅する血液溝をもたらす。
単回投与の場合、50mgの用量のカマフィルは健康なボランティアの心電図に臨床的に有意な変化を引き起こさなかった。 平均して8.4mmHgの水銀を調製した場合の収縮期の最大の減少。 拡張期の動脈圧を下降させると、5、5mmHgとなった。 話を下げることは、おそらく、タンクの平滑筋におけるTsGMFのレベルの増加を犠牲にして、Kamafil 50に影響します。 特に、4000回におけるFDE5に関するカマフィル50の活性は、FDE3-心筋の周期的特異的調節活性に関連するその活性を超える。 調製の1時間後の一部の患者では、100mgの用量である。 準備受付後2時間以内にこの違反が合格しました。 このような視界の侵害の仕組みは、網膜における光の伝達過程に関与するFDE6の表現であると仮定する。 インビトロ試験の結果。